個性的でおしゃれなリノベーション カワベのリノベ

リノベーションのよくある質問をまとめました
FAQ よくある質問

リノベーションに関する

リノベーション物件ってどうやって探せばいいの?

物件探しからの一緒にお手伝いいたします

どんな流れでリノベーションって進むの?

一連の流れとしては、物件探し→設計依頼→(現地確認)→プラン提案⇔決定→お見積もり→ご契約→着工→竣工→お引渡し→アフターサービス

リノベに合う家具も欲しいんだけど?

家具や内装等のインテリアも含めてご提案しています。

空家をリノベーションして有効活用したいんだけど、どう始めたらいい?

リノベーション費用、その後の賃貸や売却を行うにあたってのご不明点のご相談もお受けしております。

古民家のリノベーションもできるの?

可能です。ただし物件ごとに構造など状況が異なる部分もあるため耐震や強度などを考慮しての判断となります。

今から動き始めて入居できるのっていつ頃?

工事期間は一般的に1~2ヶ月程度ですが、プランの内容・現況状態、工事に対する規約の有無など、現場ごとに諸条件が異なります。物件探しやプランの打合せも含めると6ヶ月~1年程度が目安です。

将来、売ったり、貸したり有効活用できるの?

資産価値の目減りが少なく立地選びの点でも、新築物件より中古物件の方が優位な場合が多いため有効活用に向いています。また、家族が増えたことを機に住み替え、以前の住まいは売却したり賃貸に出すというように、住み替えを前提とした暮らしの選択肢としても向いています。

リノベーションで資産価値はあがる?

新築物件は購入後すぐに資産価値が下がってしまいますが、中古物件は築20年を越えた頃から価格が安定し始め、立地などの面でも優位になりやすく、内装のリノベーションが行われているとより資産価値の目減りが少なくなります。

耐震面は大丈夫?

マンションの場合耐震性能は建物の構造に関わるため、個人ベースのリノベーションでは変えることができません。マンションの建物性能評価は1981年に改正された建築基準法で建てられている新耐震か、それ以前の旧耐震であるかどうかがひとつの目安になります。ですが、実際の建物性能は建物の形状や構造、施工内容によっても異なるため、マンションの管理組合による建物の長期修繕計画も参考にすると良いです。

費用に関する

自己資金はいくらくらい準備が必要?

住宅ローンの限度内であれば自己資金ゼロで計画できることもありますが、総予算の5~10%程度の自己資金があるのが望ましいです。

リノベーション費用のローン申請もやってもらえるの?

リノベーション費用も住宅ローンでまかなう事が可能です。ただし物件購入の段階で借入額を決定するため事前に家づくりのイメージを共有し、早い段階で総コストを見極める必要があります。

設計料はどれくらいかかるの?

設計料についてはお問い合わせください。